治療の進歩

がん治療をするには、様々な方法があります。また、一人ひとりの症状によって、治療法は異なります。しかし、最近では治療が進歩し効果が上がり、副作用が軽減しています。

がんの治療法の比較

局部療法

局部療法は、手術療法や放射線療法のことです。病巣が限られている場合に用いられ、がんそのものを排除していきます。

全身療法

全身治療は、化学療法や免疫細胞療法のことです。全身にがんが転移している場合に用いられる方法で、血液を通して体全体に薬を運んでいきます。

元気を取り戻すために!がん治療の種類を確認

女医

手術療法

切除可能な状態であれば、積極的に手術療法を行います。その理由は、がんのかたまりを一気に取ることができ、がん治療に最適だからです。また、検査で発見できない、小さな転移が見つからなければ、完治する可能性が高くなります。しかし、体にメスを入れるので、傷の治癒に時間がかかります。しかし最近東京では、傷を小さくするために内視鏡を使った手術の普及が進んでいます。

化学(薬物)療法

化学療法の場合は、両国の内科で点滴や注射、内服で抗がん剤を投与します。そのため血液を通して全身に巡り、小さな転移などにも効果があります。しかし、副作用の症状が重く、患者にはつらい治療になってしまいます。最近は、そんな副作用を抑える薬が開発され、日常生活に支障がない程度まで症状を抑えることができました。その分、治療が長期間掛かる場合があります。

放射線療法

がん細胞を死滅させるために、がんの病巣部に放射線を照射します。最近は、がんの大きさや位置を正確に測ることができるため、効果が格段に上がっています。また、放射線を照射する「外部照射」以外に、「密封小線源治療」「放射性同位元素内用治療」などもあります。副作用として、一時的に皮膚が炎症することがありますが、症状を和らげるケアもあり、副作用を軽減できます。

[PR]
両国の内科へ行こう!
治療できる項目とは?

注目の高活性化NK細胞療法

がん治療の三大療法と呼ばれる治療法を紹介しました。しかし最近はそれ以外に、高活性化NK細胞療法と呼ばれる治療法があります。抗がん剤治療と似ていますが、高活性化NK細胞療法は免疫力を強化させることでがんと闘います。特にすい臓がんなどのリンパ節から転移しやすい病気に適した治療といわれています。

[PR]
大阪で免疫療法を確認
利用内容を確認しておこう

心のケアも大切

がん治療をすることで精神的に病んでしまう人が多くいます。そういった方のためにオススメなのが、「緩和ケア」です。最近は初期治療から積極的に取り入れられ、三大治療の補完的に行わています。そのため、つらいことが多いがん治療をする際には、心のケアも大切です。

[PR]
がん治療は東京のクリニックで!
体に負担が掛からないから安心

[PR]
糖尿病の検査を依頼
簡単に受けられる

広告募集中